地震への備えをしっかりと行なうために大切なこと

車の補償

車を損傷した時に使える保険

車の保険には、対物、対人、搭乗者、そして自分自身を守るための保険、自分の車を守るための保険といった様々な内容のものがあります。 一般的には対人、対物保障の無制限といったものに多くの方が加入しています。万が一の事故の際に一番保障を受けたい項目はやはり自分自身ではなく、相手、つまり相手の車や相手の身体に対する保障だからです。しかし、事故は相手がいるとは限らず、自損事故というものも当然あります。交通事故を起こし、相手の車との接触もそうですが、自損事故の場合に車を損傷した場合にも適用できるものが車両保険という保険制度です。 万が一、事故を起こした時に自分の車を守るための保険ですので、加入しておきたいのは山々ですが、掛金は高く、高い場合は年間10万円以上かかる場合もあります。 しかし、事故を起こした場合に車を無償修理できるこの保険は大変魅力的です。

車両保険は上手に利用する

事故を起こす割合は若年層に多く、一般の車の保険の掛け金も車両保険も同様に若年層ほど高くなっています。当然、運転経歴の浅い年代の方が掛金が高くなるのはあたりまえです。車両保険の加入者は車の買い換え時や高額車に乗っている方に多いですが、事故を起こす割合の多い、10代や20代の方に多いのも事実です。 車両保険は万一の事故を起こした時に大変便利ですが、保険を使用した場合には翌年度の掛金は通常の保険と一緒で高くなります。事故を起こして自分の車を損傷したからといって必ずこの車両保険を使用しなくてはいけないわけではありません。事故使用によって高くなる事が想定される翌年度の保険掛け金を考えた場合、軽微な車の損傷は保険を適用せずに実費で支払った方が特になる場合もあります。 車両保険を使用する場合はケースバイケースで考えていくことをおすすめします。

Copyright (c) 2015 地震への備えをしっかりと行なうために大切なこと all reserved.